ちゃるめん.com

しゃべくり大好きな普通の主婦が、日常のあれやこれやを書いてます

【高校時代】片思いしていた先輩の事を思い出してみる④最終章 思いは思いのままで

①②③からの続きです

 

www.charumen.com

www.charumen.com

www.charumen.com

あれから月日がたち・・・

喫茶店での最初で最後のデートをしてから10年以上経ちました

その間ゆうじん先輩とは会う事もなく・・・

 

私も他に好きな人が出来たり、彼氏が出来たり別れたり、高校を卒業して就職したり転職したりラジバンダリで時を過ごし

 

気が付けば28歳になっていました

 

相変わらず実家暮らしで仕事や趣味に忙しく、それなりに充実した毎日を過ごしていたある日

 

卒業した高校から定期的に家に送られてくる「〇〇高校新聞」的なものにふと目が止まりました

するとそこには、私が1年生だった時の縦割り3年生男子グループの中の1人、K先輩の写真が載っていたのです

家業のお寿司屋を継いでお店をリニューアルオープンしたと書いてあるではありませんか!!

 

「あ!K先輩や!!」

 

ゆうじん先輩の友人だった(ダジャレじゃないよ)K先輩

実はこの方は出身中学も私と同じなのです

もっと言えばK先輩の弟さんと小・中学校と同級生だったのでした

 

高校時代は「ああ、同じ中学出身のあの人ね」と言う認識をお互いしていたものの、そんなに深く会話はしてなかったかなーという記憶

私の友達がK先輩推しだったので、一緒になって追っかけてはいたのですがね


なんだか、思いがけず懐かしい顔を見つけて長い間忘れていた高校時代の甘酸っぱい思い出が蘇って来ました

出身小・中学校が同じだけあってK先輩のお店はうちの家から近所のところにあります

 

「ねえねえ、ちょっと行ってみいひん?」

 

と母親を誘って好奇心丸出しで「K寿司」に行ってみる事にしたのです

K先輩と再会

数日後、ドキドキしながらK寿司に入ると・・・

 

 

f:id:charumen:20190302231031j:plain

 

とすぐに私の事を思い出してくれて、ちょっとホッとしました

そしておいしいお寿司を味わいながら、一緒に行った母親そっちのけで(ごめんなさい)高校時代の思い出話で花咲かせていたところ

 

 

f:id:charumen:20190302231123j:plain


と衝撃の発言をするではありませんか!!


ゆうじん先輩が、この店に時々来・て・る・・・・???

 

忘れていたはずの10年の空白期間が一気に縮まり、高校時代追っかけをしていたり喫茶店で話したのが昨日の事のようにフラッシュバックします


私がゆうじん先輩を好きだった事はみんなにバレバレでしたし、K先輩もそれをもちろんわかっていたようなので、根掘り葉掘り情報を聞きだしたところ・・・


大学を卒業して、こっちに戻ってきて就職している

仕事は、とある食品会社の営業

独身・実家暮らし

彼女は多分いない


・・・・なぬ??独身で、しかもそう遠くないご実家で住んでいる??

 

こ、これは運命の再会が待ってるんじゃないのかーーーーー!!!


と思っていたちょうどその時にK先輩が

 

 

f:id:charumen:20190302231216j:plain



 

ゆうじんにも来るように言うとくわ?

 

ゆうじんにも来るように言うとくわ?

 

ゆうじんにも来るように言うとくわ?

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・


なぬーーーーーーーーーーーーー!!!

もう会えないと思っていた片想いの人と10年ぶりの再会かーーーーーー!!!

 

いや、どうしよどうしよどうしよどうしよどうしよどうしよどうしよどうしよどうしよどうしよ×100回

 

幸か不幸か、私も今付き合っている人はいない

そして28歳という微妙なお年頃

相手は独身30歳

 

もう、これは・・・

すべてちょうど良すぎるんじゃないの??

 

この再会がきっかけに・・・なんて、もう運命的過ぎてあのアンケートも喫茶店もきっちり伏線になるんじゃないの??

 

いや~~~もう参ったな~~~もう~~~!


その日から飲み会当日まで、こんな妄想し続けて頭がおかしくなっていたのは言うまでもありません

飲み会当日

K先輩からのお誘いの後、さっそく当時の同級生に声をかけたところ、昔からノリのいい友人達は「うわー!!懐かしい!!行く行く!!」と飲み会は平日の夜ではありましたが、5~6人集まってくれました

 

そして当日、みんなで待ち合わせてK先輩のお店に向かいます

 

f:id:charumen:20190302231356j:plain



10年以上経って、こんな形でゆうじん先輩と会えるなんて・・・

 

f:id:charumen:20190302231356j:plain



お店に到着し、K先輩の

「みんなよく来てくれたなあ!さあ、男連中そろって奥の座敷で待ってるから、入って入って!」

という歓迎を受け・・・

 

 

f:id:charumen:20190302231356j:plain



奥の部屋に入り、そこにいる人達の顔をマッハスピードで確認し・・・

 

 

f:id:charumen:20190302231356j:plain



私が見つけたその人は

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 

f:id:charumen:20190302233929p:plain



 

 

 

 

f:id:charumen:20190302231758p:plain


ゆうじん先輩?嘘ーーーーー!!!
誰か嘘だと言ってくれーーーーー!!!

 

再会を夢にまで見たゆうじん先輩は、10年の時を経て巨大化して変わり果てた姿をしておりました(童顔は変わらず)

 

確かに思い返せばバスケ部を引退後、少し、ほんの少ーしぽっちゃりしたような??でも気のせいかな?くらいの変化はあったのです

でも微々たるものだったのでそこはまあ見て見ないフリをしていたと言いますか

ですがその変化は予兆であったようです

 

りっぱな体格に成長されてました

決して太っている人を否定するわけではないのですが、どんなにいい人でも私の恋愛対象としてはちょっとゴニョゴニョなので・・・

 

そして変わってしまったのは体型だけではありません

高校時代は女子と話すのが苦手な、口下手超絶シャイボーイだったのに

 

 

 

f:id:charumen:20190302231934j:plain

 

営業職に就いてるだけあってやたら饒舌なゆうじん先輩

でも決していやな感じではなく、場の空気を和まそうとして久しぶりに会う私達に気遣いしてくれているのがわかります

 

だけどもだっけっど・・・

 

やはり高校時代、私が恋していたゆうじん先輩とは別の人に見えてしまいました

いや、本来なら30歳にもなって超絶シャイボーイの方が心配なのですが


そしてその会は滞りなくあっさり終わり、第2回目が開かれることもなく先輩たちともそれ切り会う事はなく今に至ります

お店を出てからの友達の言葉

10年の年月を覆せずに意気消沈していた私とは逆に、一緒に行った同級生女子たちからは

 

「ゆうじん先輩、昔は恥ずかしがりでまともに会話してくれへんかったけど、今の方がすごい話しやすくていいやん!めっちゃいい人!」

と概ね高評価でした

 

「え~~~そうかあ?じゃあ、アプローチしてみれば?」

と冗談を交えながらも、やはりガッカリ感を消せない私なのでした


結論!!・・・あの頃はあの頃のままがいいのでしょうね

 

♪思いは~~思いの~~ままで~~

www.youtube.com

 

一目ぼれで始まり、ストーカー的な追っかけを経て、最後漫画のようなよくあるオチが付いて私の片想いは完全に THE END となったのでした

再会からさらに20年近く経ちましたが(!!!)ゆうじん先輩には幸せになっていてほしいなと思います(さらに巨大化しているような気もするが・・・)


長々と続いた、私の高校時代のしょうもな片想いシリーズもこれで終わりになります

最後まで読んで頂きありがとうございました