ちゃるめん.com

しゃべくり大好きな普通の主婦が、日常のあれやこれやを書いてます

【高校時代】片思いしていた先輩の事を思い出してみる③ さよなら私の大好きな人

① 、②からの続きです

 

www.charumen.com

www.charumen.com

ゆうじん先輩について

① ②ともに、自分の気持ちを優先ばかりして奇行に走っておりましたが、ここで私が一目ぼれしたゆうじん先輩自身の事を振り返ってみようと思います

 

幼くかわいらしい顔立ちが特徴的な他は、背丈もフツー服のセンスもフツー

そんでもって超絶口下手で純朴シャイボーイ

 

男友達はたくさんいるけど、女子としゃべるのはそんなに得意ではないという感じ

特に私に関しては、(例のアンケートで好意もとっくにバラしてるも同然なので)とっても話しにくかったんだと思います

こっちが積極的に話しかければかけるほど、明らかにどんどん引いていく様が切なかった・・・

なので校内でちゃんとした会話が続いた記憶はありません

 

でもやっぱり地味にモテていたようで、3年生のクラスメイト女子や2年生の女バスの先輩の中でも、ゆうじん先輩を想い続けていた人はいたようです

 

それでも「今は彼女とか考えられない」と周りの友達に言っていたようなので、(仲良くなった別の先輩から聞いた)

 

「あ~~~~~、じゃあ私ぜんぜん望みないやん!」

 

っていうのは早くからわかっていたし、それを承知で追っかけしてました

告白したって無理じゃんってね

アンケートから始まりこれだけスキスキアピールしてても向こうからは何も言ってこないのですから

まあ、脈はないわなと

先輩自信も誰かに片想い中なのかなと想像してみたり


なにより先輩は大事な大学受験を控えてる身

私みたいな小娘が邪魔をしてはいけないわ


と言う事で友人達と影からそっと(?)姿を見て思いを馳せるのに留めていたわけです

とうとう卒業式

多分まだまだ寒い2月の末日

例の私を含む1年女子達は、それぞれ推しの先輩へ渡す花束を用意して3年生の卒業式が終わるのを待っていました

 

「卒業おめでとうございます」

と言って最後に渡す花束

 

「ありがとう」

とゆうじん先輩は笑顔で受け取ってくれましたが、もうそれ以上は特に会話もなく・・・

何かを期待していたわけじゃないけど・・・


明日から先輩達は学校に来ないんや・・・

あ~~~私の片想いは卒業式とともに終わってしまうんやな~~

 

曇った冬空が目に沁みるぜ・・・ぐすん

 

 

f:id:charumen:20190224230035j:plain
 

先輩が遠くへ行ってしまう

実は卒業式の時点で、私はゆうじん先輩の進路について何も知りませんでした

大学が決まった人はその情報がどこからともなく耳に入ってきたりしたのですが、ゆうじん先輩に関してはわからずじまい・・・

本人に「どこの大学行くんですか?」とかさすがの私も聞く事はできず


卒業式から数日経ったある日、別の先輩から私の友人を通じてゆうじん先輩が地方の大学へ進学すると言う事実を知りました

 

ゆうじん先輩が・・・遠くに行ってしまう・・・


先輩が卒業した時点で私の片想いライフは終わってるんです、ええもちろん

でも、でも、何かの機会で3年生の先輩達と集まれる事もあるのではないかと、淡い期待を抱いていたのが本音

地元を離れてしまうと、同級生でも彼女でもないただの怪しい片想い下級生の私は、よっぽどの事がないともうゆうじん先輩に一生会えないのではないのか??

 

だったらせめて、最後に・・・最後に・・・ゆうじん先輩と2人でお話したい・・・その思い出が欲しい・・・

でも、でも・・・・

 

 


ううううぉぉぉぉおおおおおおお!!!

出でよ!!私のアクティブパワーーーー!!

あのアンケートで振り絞ったイタイ勇気を思い出せーーー!!!

 

 

f:id:charumen:20190223232014j:plain


そして電話したのです!先輩のご自宅に!

 

携帯のない時代ですので、そうするしか手段がないのです

ゆうじん先輩が電話に出たところで、ガチガチに震えながらアワアワ泡吹きながらお願いをしました

地方の大学に行く事を聞いたので、最後に少しだけ2人で会ってもらいたいと・・・

 

ゆうじん先輩は快くOKしてくれました

 

2人の自宅が、ある駅を挟んで反対側だったという事もあり駅前の喫茶店で待ち合わせをしました

初めての2人きり

待ち合わせと言ったら、普通はそこからその店を出てデートに出掛けるというイメージですが

 

私とゆうじん先輩の最初で最後のデートは、その喫茶店の1時間程で完結しました


普段、家族や友達の前では「よー喋るヤツ」な私ですが、先輩の前ではとにかく緊張しすぎて何をしゃべっていいのかわかりません

それを気遣ってか、超絶シャイボーイのはずの先輩が何かと話題を振ってくれたような気がするのですが、本当にどんな話をしたのか一切記憶にないのです


そして、「ああ、やっぱりいい人だなんだなあ」と再認識してしまうのでした

もう会えなくなるのに、余計切なすぎるやろ

帰り際・・・

餞別は何がいいか一生懸命考えて友達にも相談に乗ってもらって、微妙な立場の私が気軽に渡せて引越しの邪魔にならない物・・・

と当時お気に入りだった雑貨屋さんで靴下のセットを買いました

そしてそれをお店を出た後に渡しましたところ・・・・

 

 

f:id:charumen:20190224230233j:plain


ななななんと!!!

先輩からもプレゼントを頂いたのです!!!

 

「クリスマスに手袋もらったし(ゴジラだけど)、ホワイトデーのお返しもまだだったから・・・」


キャー!キャー!キャー!キャー!キャー!

こんな嬉しい事があります??

 

ずっと想い続けてきた先輩からプレゼントもらえるなんて!!

もちろん、好意ではなくお礼と気遣い100%なのは承知です

 

昔小学館の「小学4年生」を買っていた頃、毎月懸賞に応募しても当選の品は一向に送られてこず、年度終わりの3月に応募した覚えのないドラえもんの手帳が届いたことがありますが、きっとそれと同じ意味なのです

 

一生懸命挑んだ(?)事に対してのオマケなのだと・・・


それでも、それでも、今日会う約束をしてから私の為にゆうじん先輩が用意してくれたのだと思うと、それだけで胸がいっぱいになったのでした

丁寧にお礼と、そしてお別れを言って最初で最後のたった1時間のデートは終わったのでした

家に帰ってから

なんだろ?なんなんだろ?何選んでくれたんだろ・・・

もらったプレゼントを早速開けました!ドキドキしながら・・・


え?


は?

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 

f:id:charumen:20190224230328p:plain



な、な、な・・・・

 

f:id:charumen:20190224230455p:plain



ジーパン刑事もびっくりするわ!!

※知らない人は「ジーパン刑事 なんじゃ、こりゃ」で検索してみてね


なんだかとってもシュールな、陶器で出来たリアルなピエロの人形でした

 

なんじゃ、こりゃ??

どういうチョイス?

もしかして、これは・・・


私の事を、恋のピエロって遠まわしに言ってるのかな・・・???


いやいや、あの先輩がそんなひどい嫌味なメッセージをこの人形に託すわけがない

おそらく一生懸命考えた上の・・・センスがアレな人だったのでしょう

 

今現在40代のこの年になって見れば、そのアレなセンスが逆に可愛かったりしますがね

当時はただただ衝撃を受け過ぎて、震えました

(ちなみに次の日に学校で友達に言ったら、みんなヒーヒー腹筋切りながら大爆笑してました)

 

その人形はその後何年か部屋に飾っていたのですが、ある日見たらピエロの腕がもげててその後どうしたか全然記憶がなく、今は手元にありません

切なくて寂しいだけの片想いのさよならにならなくて、返ってよかったのかも知れませんね


④に続きます

まだ続くの?どこまで引っ張んねん!と思われるかもしれませんが、次が最終章になります~~~

www.charumen.com