ちゃるめん.com

しゃべくり大好きな普通の主婦が、日常のあれやこれやを書いてます

【注意!!】身近で起こったカード詐欺!!やつらは自信満々で迫ってくるから気をつけろ!!

ここ数ヶ月の間に2件も、身近でカード詐欺被害にあったお話を聞きました

身近と言ってもそれぞれ知り合いからのまた聞きになりますので、細かい描写があやふやだったりします・・・

ちっちゃい事は気にせずに(?)ざっくりと深刻さだけでもお伝えしたいと思います

 

自分の住んでいる近くで、こんなことが本当に起こっているかと思うと恐怖と不快でしかありません

私のこの弱小ブログで何人の人の目に触れるかわかりませんが、被害に遭われる方が1人でも少なくなるように経緯を書かせて頂きます

ケース1:私の知り合いの知り合いのお父様(80代)

現役の時は固いお仕事をされていたようで、かなりご自分の判断力や思考力にも自信がおありだったお父様

ある日、1本の電話が自宅にかかってきました

 

こちらは〇〇警察です。××銀行に口座をお持ちですね?ここ数日のうちに不正な出金の形跡があります。捜査にご協力頂けませんか?

 

何と!そりゃいかん!

と言うことで、正義感の強いお父様は快く協力を承諾したのです

 

しばらくして、電話とは別の男性が家に来て件の口座のキャッシュカードを

 

お調べ致しますので一旦こちらでお預かり致します。捜査には暗証番号が必要になりますので教えて頂けますか?

 

そう言ってあっさりと暗証番号を聞き出し、キャッシュカードを持ち帰ったそうですよ!!

 

 

 

f:id:charumen:20181216231244j:plain



 そんなにすんなりカード渡さないで!

暗証番号も言っちゃだめよ、お父さ~~ん!!

 


そしてしばらくしたのち、はたまた別の第3の男性が家に来て、

 

ご協力ありがとうございました。あなたの口座の残高は大丈夫です。

 

と言ってキャッシュカードを返して逃げるように帰って行ったと・・・

 

その時点でもそのお父様は被害に遭った事は気付いておらず、むしろ捜査に協力出来た事に満足すらしていたそう

 

そして、恐らく不信に思った銀行から連絡がありそこで初めて発覚したそうな!!

(被害金額は聞いてませんが、ATM現金引き出しだと限度額は50万円・・・架空名義の口座にでも振り込まれていたらもっと多額に上っているかも・・・オーマイガー!)

 

そして、今度は本物の警察が事情聴衆に来たと言う結末に・・・

 

このお父様、すっかり気落ちしてしまったそうです・・・

お金を盗られた事はもちろん、「自分は絶対詐欺には引っかからない!」と自信があっただけにガッカリ感が半端ない

 

「あなたの協力が必要」と言われてついつい「お!それなら」と正義感を出してしまったんでしょうかね

 

ケース2:旦那の友人のお母様(70代)

いつもおしゃれでお買い物も大好きなお母様

クレジット機能がついたある百貨店のメンバーズカードをお持ちでした

そしてある日1本の電話・・・これも警察を装ったものでした

 

〇〇百貨店のクレジットカードをお持ちですね?そちらのカードが不正使用されています。捜査にご協力下さい。

 

なんと、それは大変だ!

こちらこそお願いします!と大慌てのお母様

 

そして現れた偽警察官

〇月×日△△万円のカード使用履歴があります。我々からカード会社に連絡して利用を停止してもらいました。カードの使用は不可になりましたので、破棄させて頂いてよろしいですか?

 

そう言ってお母様から受け取ったクレジットカードにハサミを入れ、

 

これで安心して下さい。ではカードはこちらで破棄しておきます

 

そう言って持ち帰ったんだそうです!

 

f:id:charumen:20181216231756j:plain

 

そこでも何の疑いもなく、逆に安心しきっていたお母様

 

しかし、後日カードの請求書が来て目ん玉飛び出るほど驚愕!

限度額いっぱいにキャッシングされていたのです!その被害額・・・

 

ん百万円!!(どひー!!)

 

あれ?あの時カードにハサミを入れたのに!!なんで?


後々の本当の警察からの事情聴衆で段々と思い出されたお話では

 

f:id:charumen:20181216231940j:plain



読み取りの磁気テープ部分を避けてハサミを入れていた・・・!!

 

もうショック過ぎて立ち直れなくなったお母様

しかも、「お母さん!なんでこんな事になったの!」と叱られると思いしばらくは娘さんに話せなかったそうで・・・

もはやかける言葉もございません・・・

よく似た手口が繰り返される

これだけニュースや情報番組で、詐欺被害の警鐘を鳴らされていて「絶対詐欺には引っかからない!」と思っていたはずなのに、なぜか被害にあってしまう


特徴として、ケース1・2ともに共通して言える事ですが・・・

 

銀行名や百貨店名など取引をなぜか知られている事(この情報が漏れている事自体が怖いですが)

 

「〇月×日△△万円の不正があった」など

 

具体的な数字を自信満々にもっともらしく言われるとつい信じてしまう

という人間の心理をうまく突いているところです

 


私もうっかり旦那を疑いそうになりましたが・・・

www.charumen.com


信じてしまいそうになっても、お金に関わる事は

 

その場で1人で判断せず、冷静になって一旦持ち帰る!

 

くらいが回避方法でしょうか(家にいるのにどうやって持ち帰るんだ?というツッコミはなしで)

 

そしてやはりお年寄りを狙っているところ

「あなたの協力が必要だ」と言われれば現役を引退された年配の方は、誰かに頼られることに喜びを見い出してしまうのかもしれません

 

そこに付け入る詐欺集団、許すまじ!


全然違うルートで私の耳に入った2件のカード詐欺事件

手口が似ているので、同一犯かもしれません

いずれも犯人は見つかっていないと聞いてます

 

巧妙で悪質な手口はまだまだいろんな所で使われているのかも知れませんので、くれぐれも皆様ご注意くださいませ