ちゃるめん.com

しゃべくり大好きな普通の主婦が、日常のあれやこれやを書いてます

初めて弟と対面した長男!その時の心の中はどんなだったのか・・・

遅ればせながら・・・

ロクパパさん(id:noahsartgallery)の「絵描きパパの育児実験記ロクLABO」の読者登録をさせて頂きました

そしてこちらの記事!

www.ekakipapa.com勝手に言及させて頂きました^^

 

二男君ご誕生おめでとうございます!!

もう、ロク君が不憫で切なくって可愛くって・・・

 

うちも息子二人なのでこの記事読んでたら色んなことを思い出すわ~~と思っていたら!

 

お馴染みの阿豆らいちさん(@AzuLitchi)が言及なさってました

azulitchi.hatenablog.jp言及ON言及という感じですね^^;


そしたら余計に当時の事を思い出しちゃって、ちょっぴり目が潤んできてしまいまして・・・

 

遠い昔(11年前)の二男出産の頃・・・


うちの息子達2人は学年は3つ開きですが、正確には長男が2歳5ヶ月の時に二男が誕生しました

 

長男はやんちゃで元気が良すぎるくらいで、2歳という年齢特有のイヤイヤ期でもあったのですが、それでも私は毎日ほっぺに100回チューするくらい、とってもとっても可愛かったのです(親ばか)

 

二男の出産の為に実家に長男を預けたので、初めて母子が別々に・・・

 

私は、生まれたばかりの二男の可愛さに震えておったほどなのですが、それと同時に長男恋しさが募り(出産ギリギリまで一緒にいたのに)、出産の翌日旦那と一緒に面会に来た長男の顔を見ただけで泣きそうになりました

 

やはり気になるのは、二男を見たときの反応・・・

喜ぶかしら?それとも嫉妬で泣く?

 

 

いざ二男とご対面させると・・・

 

 

f:id:charumen:20180124211527j:plain

 

 

f:id:charumen:20180124211554j:plain

 

 

f:id:charumen:20180124212018j:plain

 

 

とにかく、じーっと見たまま無反応

 

「お兄ちゃん」なんて言われてもピンと来ないかもしれないな

こんなに小さい赤ちゃん見たのも初めてだったかも・・・まだまだよくわかってないのかな??

 

ロク君のように「ママがいい~~~~!!」とは一言も言わず(もともとママよりパパ派の子だったので)、あっさり帰って行ったのでありました

 

寂しいぞ!!

(/□≦、)エーン!!

 

そして2日後くらいの朝・・・

 「午後に長男連れて、病院行くわ」と旦那からメールが!!

 

長男!私の可愛い長男にまた会える!!

早く会いたい!会いたい!(あれ?旦那は?)

 

もう楽しみで楽しみで、ふにゃふにゃの二男の顔をにまにま見ながら、今か今かと長男が来るのをのを待ちます(だから旦那は?)


午後になり、旦那から電話がかかって来ました

携帯電話使用OKの場所に移動し、いそいそと通話ボタンを押しました

 


私:「もしもし?今どこ?何時頃来るん??」

 

旦那:「いや、実は病院の駐車場におるんやけど・・・」

 

私:「え?ほんまに?はよ入っておいでよ」

 

旦那:「いや、それが・・・長男が・・・ママにも赤ちゃんにも会いたくないって言い出して・・・」

 

 

え??

 

会いたくない??私と赤ちゃんに??何で??

いやいや、うそうそ!そんなわけないでしょう

母親恋しいはずでしょ??

 


私:「ええ~~~!そんなあ・・・会うの楽しみにしてたのに~~~ちょっと、電話長男にかわってくれる?」

 

旦那:「ちょっと待ってや、ほら長男、ママやで」

 

そばにいるであろう長男に、電話を渡そうと声をかけている旦那

すると次の瞬間!

 

「いややーーーー!!病院行きたくないーーー!!ママに会いたくないーーー!!赤ちゃん嫌いーーー!!ウギャー!!」

 

長男の大泣きしながら叫んでいる声が!!

 

f:id:charumen:20180124213007j:plain


完・全・拒・否!!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

完・全・拒・否!!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

完・全・拒・否!!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 

旦那:「ごめん、ちょっと今日無理そうやから帰るわ」

 

こうして、病院のそばまで来ておきながら私に会う事もなく2人は帰って行きました・・・

 

 

f:id:charumen:20180124213336j:plain

 

この時はね、長男の言動の意味がよくわからず、ただただショックでした

私母親なのに??会いたいって思ってないの??って感じでね

 

10数年たった今思うと、何にもわかってないように見えた長男は本能で気付いてたんですよね

 

得体の知れない、生存競争のライバルが出来たこと

 

面会の時、長男の前で二男をチヤホヤしたわけでもなかったけど、親の愛情を横取りする奴として認定してしまったのですね


2回目の面会拒否は、その時の長男が出来る精一杯の自己主張だったのかも知れません


退院してからも、それはそれは大変でした

その続きはまたの機会に・・・


読んで下さり、ありがとうございました!