ちゃるめん.com

しゃべくり大好きな普通の主婦が、日常のあれやこれやを書いてます

輝かしきスクールライフ!そこに忍び寄る黒い影・・・

f:id:charumen:20170708200852j:plain

いつも鋭い視点と分析ですばらしいブログを書いておられる、人気ブロガー クラタイクツさんのこちらの記事を読んで、大笑いさせて頂きました!めっちゃ楽しそう!

www.mamazero.com
私にも輝かしきスクールデイズがあったことを思い出しましたよ!

(タイクツさん、勝手に載せさせて頂きました)



タイクツさんの記事は中学時代を書いておられますが、私の印象深い思い出は高校時代に詰まっています

 

仲良しの8人女子グループはいつも一緒


勉強・恋バナ・色々な悩み事・・・共有しながら楽しい毎日を送っていました

みんな個性的でゆかいな仲間達なのですが、その中でとりわけIちゃんは際立っておりました

Iちゃんはパっと見美人で大人っぽいのですが、その容貌とはうらはらに突拍子もない言動をするので、私たちはおかげでいつも笑って過ごせていたのです


ある日の体育のプールの時間、ねえねえとIちゃんに呼ばれたのでそちらを見ると、

全身力を抜いて仰向けに水に浮いたまま



「♪どざえ~~~もん~~~」(ドラえもんのメロディで)

 

と歌っているIちゃんが!

爆笑しすぎて危うくプールで溺れそうになりました!


本当にみんなのことが大好きで、毎日が楽しく高校生活を送っていたのです!


高校3年のある日のこと・・・


私たちのクラスは自習時間になりました

仲良し8人は中庭へ

そこは普段、お弁当を食べたり休み時間をおしゃべりして過ごしたり、憩いの場所でもありました

ベンチにはクラスメートの男子数人もいます

かなり自由な校風の学校だったので、教室を抜け出す人もおり、先生たちもそれを黙認しているような感じでした


すると、Iちゃんがいきなり


「目隠し鬼ごっこやろう!」

 


と言い出しのです!


え?目隠し鬼ごっこ?

え?え?



と、みんな笑いながらも戸惑っていましたが、Iちゃんが

「ジャーンケーン!」と言い出し、思わず釣られて「ポン!」と手を出すと、

言い出しっぺのIちゃんが鬼になってしまいました


「うそー!最悪ー!」

(-ε-)ブーブー



と言いながらも、Iちゃんは頭につけていた幅広のヘアバンドを、すかさずスチャッと目の上に装着しました

まるで、自分が鬼になるのがわかっていたみたいです

 

さあー、「JK目隠し鬼ごっこ in 中庭」の始まりです


ヘアバンドで目を覆った女子高生が、ゾンビのごとくフラフラしながら芝生の上をさまよっています

正直、怖い光景です

他のみんなは爆笑したいのをこらえ、声を殺して逃げまどいます


つーかこれ、鬼が目隠ししてたら絶対捕まらないやん?

こっち楽勝で逃げれるやん?

ただただ、鬼のおもしろい動きを笑ってるだけやん?

鬼は一生鬼のままやん?

(* ̄m ̄)プッ


そう疑問が沸きましたが、試合は続行されているので引き続き参加します


時々、「ん?実は意外と見えてるのか?」と思わせるような、ニアミスのすばやい動きをみせるIちゃん

爆笑をこらえながら、こちらも必死に身をかわします


「あいつらアホやな」ってな顔でコチラを見ている、ベンチの男子達


ふとざわついた声が聞こえるので、そちらを見ると、中庭に面した校舎の教室の窓から、授業中の下級生たちが大勢(3年生は別校舎だった)こちらを見て笑っています!


「うわー、めっちゃ見られてる!」



とは思いながらも、止める事もできず目隠し鬼ごっこは続きます

 

「ちょっとーーー!!これ絶対無理やーん!」

(T△T)


自分から言い出したくせに、Iちゃんが座り込んで文句を言い始めたその時、私の前をふっと横切る人影が・・・

「あ!」

と思う間もなく、膝まづいてるIちゃんに近づき、その気配に気づいたIちゃんが


「捕まえた!」

 


と叫んで、その人の足に抱きつき、目隠しを取ったのです!そこには・・・

f:id:charumen:20170708200901j:plain


ババーン!

厳しい事で有名な、BBA教師が立っていたのです!!


「ひいいいいいいいい!!!!」

!!!!(゚ロ゚ノ)ノ


と叫びながら腰を抜かすIちゃん!


一緒にいた私たちはもちろん、ベンチの男子も転げ落ちながら、窓から見ていた下級生達も、

ドッカーン!どよめき!

中庭全体が大爆笑の渦!

アーッヒャヒャヒャーΨ(゚∀゚ )Ψ(゚∀゚)Ψ( ゚∀゚)Ψアーッヒャヒャヒャー


その騒ぎをかき消すように、



「あなたたち!なにやってるの!自習だからって、授業中でしょ!下級生たちがみんな見てるじゃないの!やめなさい!」

(`□´)コラアッ!


私たち8人は必死に笑いをこらえながら「・・・すみません」と謝ったのですが、

BBA教師は、キッっとベンチの男子達に向きなおり

「あなたたちも、何で止めないの!」

「え?おれ?」てな顔でキョトンの男子達



さらに、BBA教師は校舎に向かって、

「こらー、こんなの見てないで勉強しなさーい!」

と叫んだのでした


「もーーーー!信じられへん!何でみんな教えてくれへんのーーー!」


とIちゃんは怒っていましたが、いやいや言う暇がなかってんよ~~~ごめんごめん~~~と言いながら他のみんなは笑いを噛み殺してました

しかし、あの先生も注意するにもわざわざ鬼をやってるIちゃんに言いに行かなくても・・・ね


Iちゃんには申し訳ないですが、(これ読んでたらごめんね)今思い出しても衝撃的すぎて笑えます


最近になって、みんなで集まる機会がありました


年賀状やメールのやりとりはあったものの、数年ぶりにみんなで集まることが出来ました!

何でも、その中の1人の知り合い(私たちと同い年)の方が脳梗塞で倒れたそうで、「いつでも会える」と先延ばしせず、会える時に会おう!っと幹事を引き受けてくれて仕切ってくれたのです!感謝!

 

本当にそうですよね

期は逃さず、思い立った時に行動しないと先々後悔しかねません



久しぶりとは思えないほどの、盛り上がりぶりで時間を巻き戻せるとはこの事ですね!

Iちゃんの面白さも40代になっても健在でした!


あの頃の、輝かしいスクールライフは本当に人生の宝物ですね!

みんなのおかげ!ありがとうやで!

 

皆さんも、昔の友達に思い切って連絡してみては?