中2男子!ちゃんと反抗期はやってくるのだと実感している今日この頃・・・

中学生のお子さんをお持ちの皆さま!反抗されてますか?

我が家にも、きっちり来ておりますよ!反抗期の波が!

本当に波です!押したり引いたり! さざ波だったり、ビッグウェーブだったり・・・

以前、反抗期息子への反逆をブログで書きました↓

www.charumen.com

この時も懲りたと思いきや、時間が経てば元の木阿弥といいましょうか? やはりスッキリ解決とは行かないもので・・・

 

うちの長男はですね・・・

小さな頃からやんちゃで負けん気が強くて友達とのトラブルが多くて余計な一言も多い・・・

でも、同じ年齢の子達と比べて幼い部分も多かったので、私に対してあまり「口答え」はなかったのです

怒られても泣きながら「ごめんなさい・・・」(//▽//)

そんな可愛かったのも小学生までよ!

来る来るとは聞いてたけど、本当にちゃんと来るんですね、反抗期・・・

 

中学2年生になった今現在の息子のボギャブラリー

●「わかってる」

●「今からやる」

●「うっさいな」

●「何回も言わんでええねん!」

●「しつこい!」

●アーンド、無視

ほぼこれらの言葉だけで会話しているといってもいいでしょう

 

そんなに母親としゃべるのが嫌なのか?

(/ヘ ̄、)グスン

 

まあ、嫌でしょうな

しかも、私は上の言葉を言われたら、カッとなって

 

「ううう~~~!じゃあもう弁当作れへん!」

 

と必ず言うので、尚更うんざりするのであろう・・・

だって・・・それしか武器ないやん・・・

 

今日も夕飯時に喧嘩ですよ・・・

原因は超しょうもない事・・・

長男が食卓のコップを倒し、中身のお茶をほぼテーブルにぶちまけ、床までけっこう濡れてしまい、

うわ~~~って思いながら、一緒に拭きましたよ、床を

で、長男はテーブル拭いてたので、両方のタオルを私が洗濯機に入れに行って、ついでに他の洗濯物も一緒に回してしまおうとスイッチオンして戻ると・・・

テーブルがちゃんと拭き切れておらず(長男の目の前!)、そこにあった書類がじわじわお茶で染みている!

「ちょっと!目の前まだ濡れてるのに、なんで拭けへんの?」

「母さんが、タオル持って来ると思ったから・・・」

は?

あの、これ君がこぼしたんよね?

こぼしたのは仕方ないけど、手伝った人にお礼の一言も言わずに、なんかこっちが悪いみたいな言い方してるよね?

目の前が濡れてたら(しかもじわじわ書類濡れてんのよ?)、自ら動くか、タオル持ってきて欲しかったらせめて声出して頼むとかしない?

 

何か、あんた間違ってる気がする!

 

最近は一事が万事こんな感じで、自分の注意された事よりも責任を違う所へ持って行き、それを責めるような事を言う

そこを説明しようとしても、

 

「は?」

(半目&ため息)

「もうええやん。うっさいな!」

 

出た!「うっさいな!」

そっから、ご飯も食べずに自室に籠り今に至る

はあ~~~~~・・・

疲れますわ・・・

(しかし、こう文章にすると、ほんまにしょーもない喧嘩・・・)

 

母親から見れば・・・

自分が産み、何もできない赤ん坊の頃から今日まで必死に育てて守ってきたという感覚は簡単には抜けません

でも、背も足のサイズも抜かされ、汗クサ臭も大人並みに成長し、明らかに見た目は「かわいい」から程遠くなりました

子供が思春期を迎え、親から離れようとするタイミングと、

子供が反抗期でかわいくなくなり、「もういいや!ほっとこう!」という気持ちにもなる子離れのタイミングは一緒になるんですね

なんと言うか、うまく出来てるな~~と気づきます

しかし実際、毎日仕事して教育費や食費(の足し)を稼ぎ、毎日食事を作り洗濯をし・・・

 

って誰の為にやってるの?子供の為でしょーが!

(-゛-メ) ヒクヒク

 

それなのに、毎日この仕打ち・・・

感謝しろとは言わないが・・・

せめて、冷たくしないで!

o(TT)o

って言いたい!

もう嫌だ、は・ん・こ・う・き!高校生くらいになったらマシになるって聞きましたよ

じゃあ・・・

 

小学校の卒業式終わって春休み明けに、

いきなり高校生になってくんねーかなー

ヾ(・・;)ォィォィ

 

もう、最近は長男の1歳のお誕生日に撮った激カワ写真を見えるところに貼って、ムカついたらそれを見るようにしてます

はあ~~~この頃の息子にもう一回会いたいわ・・・

こーんなに可愛かったのが・・・(完全に脳内美化が進んでる)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 13年後・・・ ↓ ↓ ↓ ↓

こうですからね!

もう、子離れしてほっとくっきゃないなー

なんか今日は愚痴みたいなブログですみません^^;

読んで下さりありがとうございました