大阪マラソン2017!ボランティアで見た!ツワモノ仮装ランナー達!!

大阪マラソン2017!無事に閉幕!

今年で第7回目となる大阪マラソン

11月26日に開催されました

 

関西ではだいぶんと浸透してきましたよね

今回、なんと私も参加してきました!

 

え??フルマラソン走ったの??って??

 

ノンノン!

んなわけないでしょう、このメンドクサガール(おい)の私が!

 

ボランティア!

ボランティアで応援参加ですよ

 

ちょっとした縁があって、40km地点の休憩所ボランティアをやらせて頂きました

給水所や仮設トイレが設置されている場所でのお手伝いです

ちなみにこれがボランティアの参加記念グッズです

f:id:charumen:20171128224555j:plain

軍手は「GO!」の文字が手のひらにくるようにはめて、ランナーとハイタッチ!

大阪マラソンは虹色(7色)のイメージカラーがあって、私がいたブースはオレンジだったのでオレンジの軍手と大阪マラソンボールペンを頂きました

  

大阪マラソンの詳しいことはコチラで見て頂くとして(はい、人任せー)

 

www.osaka-marathon.com

 

例年は10月の最終日曜に開催されてましたが、今年は11月になりました

なんと、ハロウィン時期との警備の負担を避ける為だそうですよ!

 

ほーら!出た!ハロウィン!!
こんな大々的なマラソンイベントを追いやって、何様のつもりだ!

 

ハロウィンが苦手な話はこちら↓

www.charumen.com

AM9:00に大阪城を出発したランナーたち

 

まず、車いすランナー!

制限時間が2時間20分の車いすランナー!


「もう!もう!急げ!はよはよ!」

状態なので(みんなそうでしょうが)、すごいスピードで目の前を、シュイイイーーーンと通り抜けます

 

おおお!!すごい!!頑張れ~~!!

という声もおそらく届いてないことでしょう・・・


ほどなく、11時前後から招待選手らしきマラソンランナーがぽつりぽつりと現れます

当たり前ですが、皆さんガチですので

こちらの声援に笑顔で応えて手を振り返したりはしないのです

 

0.1秒でも無駄な動きはしたくない!(のか?)

とにかくひたすら、前へ前へ!長距離じゃなくて、短距離の速さでしょ?ってくらい

これがプロの走りというもの・・・

う~~ん、素晴らしい!!

 

大会結果はコチラ!!↓

http://www.osaka-marathon.com/2017/pdf/result.pdf

 

ところで、先ほどのハロウィンの話に戻りますが・・・

去年まではハロウィンと時期が重なっている事もあり、仮装して走るランナーも多数いたわけです

このイベントの風物詩とでも言いましょうか

(他の市民マラソンはどうなのか知らないのですが)

 

f:id:charumen:20171128224548j:plain

トラッキーも走ってますね^^


さすがに今年はハロウィンムードもとっくに終わって、仮装ランナーも意外と鳴りを潜めるのかなと思いきや!

 

いるわいるわ、色んなスゴい人が!


実際目の当たりにした、びっくりランナーを紹介したいと思います!

 

一番多かったのはミニオン!

ハロウィン仮装でも人気のキャラクターだったようです

そもそもが大群という設定なので、グループで仮装しやすいのだとか

 

ミニオンの目玉がついたニットキャップをかぶってオーバーオールを着て・・・と軽めの物もあれば、

もう、すっぽり!張りぼてのかぶり物をかぶって穴から顔を出しているだけの、3体(?)のミニオンが走って行きましたよ!!

∑(゚ロ゚〃)

 

f:id:charumen:20171130003444j:plain

※3体描くの、挫けてしまった^^;

この恰好で、ここ(40km地点)まで仲良く3人ペース合わせて走ってきたのか??

絶対に、はぐれずに着いて行くわ!!という意気込みがすごいですね

 

これぞミニオンズです!

 

いや、もしかしてスタート地点ではもっとたくさんいたのかも知れないですが・・・

 

まさかのジャグリング!!

フルマラソン42.195kmを普通に走るだけでも大変です

当然です

私には考えられない神業です

 

さらに仮装して走るなんて負荷をかけるようなものですよ、走りにくいし

でも、自分が楽しめればいいじゃないか??という思いなら、それもまた良し

 

そこへ仮装を超えるパフォーマンスを発見!!

 

走りながらジャグリングをしている人がいた!!

∑(゚ロ゚〃)

 

f:id:charumen:20171130003436j:plain



4~5つの玉をお手玉感覚でポンポンと回しながら、走ってるんですよ!!

まさか、スタートからここ(40km地点)まで

 

ずーーーーーーっとやってたんじゃないよね??

 

給水所とかの要所要所でやって、ボランティアの人たちを楽しませてくれようとしているのかしら??

 

自分が走る以上に、周りに対する気づかい(?)はなかなか出来ない発想です!!

ジャグリングが衝撃すぎて、仮装を見てなかった!!ピエロだったかな??

 

なぜそれで走れるのだ?

仮装でマラソン・・・かなり走りにくいのは間違いないですが、楽しみたいという気持ちやモチベーションが上がるとか、はなんとなく理解できます


でも、一番解せなかったのは!!

 

ぞうりで走ってるランナー!!

∑(゚ロ゚〃)

 

f:id:charumen:20171130003427j:plain

※これも一瞬でちゃんと恰好を見てなかったけど、多分和服・・・なイメージでこうなりました

 


最初裸足に見えましたからね、だって足の甲見えてたもん!

 

間違いなくゴムぞうり!いわゆるビーサン的な??
いや、わらじだったかも・・・

 

素材はともかく、他の人が履いているようなかっちょいいランニングシューズではなかったのは確か!

 

「なぜ?なんで?ありえん!」

「♪どうして、どうして、ぼーくたちは」

とリフレインが叫んでいる

 

聞いた話によると、去年は下駄で走っている人もいたとか!

しかも一本歯だったそうな

f:id:charumen:20171130003535j:plain

こういうやつね


シューズはランナーにとって、命綱みたいなもんでしょ?ていうか命そのものやん?


いかに負担を軽くして走る事を第一に考えて、シューズ選びは「走る」人たちにとっては最重要事項のはず!

 

なのに・・・??

 

何回も繰り返しますが、私がいたのは40km地点 

ゴールは本当にあと少しという所

 

ここまで走ってくるのに、招待選手も一般ランナーもそりゃあ並大抵の苦しさではなかったはず

目の前で足がつったのか急に顔を歪めて立ち止まってしまった人や、痛そうに足を引きずりながら走っている人もいました


なのに、なのに、なのに!

 

なぜ敢えて自分に負担を強いる道を選ぶのでしょう??

普通のランニングシューズ履いていたら、タイムももっと上がっただろうに!


「マラソン」というスポーツの大舞台で、正しく挑まないのは危険のような気がするので、なんだかなあ・・・と思ってしまうのです

 

なんだか見ているだけで怪我しそうで怖い・・・

見ているだけで走ってない私が偉そうに言うのもなんですが・・・

 

解せぬ!!

 

この人ランナー??

結構人も増えて来た、13時台だったかな?

やはり、ちらほら歩く人数も増えて来るのです

 

その中でコースの沿道近を、ビジネススーツを着たサラリーマンが!!

 

f:id:charumen:20171130003524j:plain



ちゃんとビジネスバッグも持って、悠々と歩いているので

「あれ?通勤途中かな?」となりますよね


でもよく見ると顔は真っ赤で汗だくなので、ランナーには間違いないようです


ビックリする事に、「通勤途中のサラリーマン」あるいは「得意先訪問のサラリーマン」の仮装をしていたのですね!

∑(゚ロ゚〃)

 

一見地味だけど、一番度肝を抜かれたというか・・・困惑しかなかったです

 

仮装としては、わかりにくい!

でも、インパクトは絶大!!

 

私がものすごく怪訝な顔をしていのでしょうね

ばっちり目が合って、会釈してもらいました^^;

 

この人は足元を見逃してしまったけど、もしかして革靴だったのか??

 

貴重な体験を一度にたくさん味わえた日でした


こちらの予想を上回る、「わ!!え?え?」な出来事をいっぺんに体験できた1日でした

 

とにかく、やはりランナーのみなさんの頑張りは応援している私たちを逆に力づけてくれているようで、自然に声援や拍手を送りたくなります

 

何度、「すごいすごい!!頑張れ~~!!」を言ったことか

 

普通に生活していて、見知らぬ赤の他人に対してこんな気持ちにはなかなかなれないですよね~~

いや、素晴らしかったです!!

 

ランナーの皆さん、本当にお疲れさまでした


ボランティア、楽しかったです!!オススメ!!機会があればまたやりたい!!

 

 


読んで下さり、ありがとうございました