「おたくのご主人の借入金が・・・」と電話がかかってきた日

f:id:charumen:20170930235933j:plain

ある日、固定電話が鳴りました

2年ほど前の事になりますが、自宅の固定電話が突然鳴ったのです(大体突然ですね)

携帯電話やスマホが主流の現代、固定電話を使う事って少なくなってきてますよね

 

まあ、大体セールスですよ

それか学校関係

「おたくの息子さんが・・・」

とあんまりよろしくないお話で、懇談まで待てない先生がかけてくるやつね

 

でも、その日は土曜日でちょうどお昼時

学校からはないない!ってことはセールスか?

と思いながらも一応出ますよ、もしもし~~っと、あれ?非通知だな


すると男性の声で

「もしもし?▲▲ファイナンスの山田と言いますが・・・

〇〇さんのお宅ですか?めんちゃるさんいらっしゃいますか?」

※いきなりですがここで、ちゃるめんの旦那=「めんちゃる」と命名したいと思います(MENちゃる的な)
以後よろしくです


テレアポさんで男性もおられますが、大体がハキハキとしたセールストークをされるもの

しかし、声の主はドスが効いててあきらかにカタギではない感じが受話器からダダ漏れなのです

そう、私の脳内では渡辺哲さんが浮かんできました

え?ご存知ないですか?あの・・・強面俳優のあの方ですよ↓

 

渡辺哲さん画像

※上記のイラストもイメージで描いてます^^

これより以下は、この渡辺哲さんを想像しながらお読み下さい

この哲さんがとんでもない事を言い出したのです

ちょうどその時旦那は外出して不在だったので

 

「出掛けておりますが・・・」

 

「何時頃お帰りですかね?」

 

「あの、どういったご用件で?」


「奥さんですか?お宅のご主人の借入金の事なんですわ」


・・・は?

借入金?

そんなバカなあ!あの倹約家で無駄が大嫌いなあの旦那が?

借金やギャンブルとは無縁のあの人が?

いや~~ありえないありえない!

たちの悪いいたずらかよ!

 

「まさか!そんな話は聞いておりませんが」

 

「あのね、奥さんいいですか?

去年の11月××日、ご本人が免許証と住民票と印鑑持ってうちに100万円借りに来られたんですわ

何回か返済されてますけどね、ここ数カ月支払いが滞納しとるんですよ

残金、91万78××円なんですけどね、本人に連絡取れないんですわ」


さっきまで鼻で笑っていた私ですが、ここまでの具体的な数字と状況を示されて

なんだか急に血の気が引いたようなヒヤっとした感覚に陥りました

 

知り合ってから15年以上、贅沢ではないけどお金の事で揉めたこともなければ、

無理な出費をせがまれたこともありません

 

私や子供たちの為に一生懸命働いて、決して多くはないおこづかいの中から自分の趣味を楽しんでいた人なのに・・・

 

私に言えない、身内の事で急にお金が要り用になる何かがあったのかしら?

でももしそれなら、消費者金融に借りずに実家のお父さんに借りるとか方法あるよね?

嫁にも親にも言えない事情・・・

もしや・・・


女・・・か?風俗か・・・?

f:id:charumen:20170930235921j:plain



優しくされて、気分良く貢いでんのか??

まじめな人ほど、はまってしまうという話も聞くし・・・

そんな、そんな、

あの、めんちゃるが!!信じられない!!・・・でも・・・


この会話の一瞬の隙間でぐるぐると色んな想像してしまい、鼓動が速くなり呼吸も苦しくなってきました

 

とにかくこの場をなんとか切り抜けなければ!

 

「あ、あの本人が帰ってきたら確認しますので・・・」

 

「あのねえ、奥さん・・・こっちもガキの使いやないんですわ

ええ大人が2人もわざわざね、お宅の近所まで来てますねん

××町の1丁目でしょう?

契約書もちゃんとありますんでね、見せましょか?

とりあえず、2万でも3万でもええから立て替えといてもらえません?

取りに行きますわ」


近所まで来てる?しかも哲さん2人で?

ちょっと待って!困る困る!怖い怖い!


「え!!いや、でも一度本人に確認・・・」

 

「おおい!!!!ごちゃごちゃぬかしてんと、さっさと払わんかい!

家の前まで行って大声出して暴れたろか!

おばはん、お前も風呂に沈めて代わりに払わせるぞ!」


安物のやくざ映画みたいなセリフを大声で怒鳴る哲さん

すごい迫力に圧倒されます


でも、ちょっと待って!言ったね?・・・おばはんって?

おばはんって言ってるわりに、風呂に沈めるんかい?

ふん、無理じゃんかそんなん

カッチーン

ときましたね


でもおかげで良くも悪くも正気を戻せました

 

「あの、では本人にそちらに電話させます

本人と話して下さい!電話番号お願いします!」


プツッ!ツーーーツーーーツーーー・・・


電話はあっちから切れました


ホッとして受話器を置きましたが、心臓はバクバク冷や汗タラリ・・・

はああ~~~

怖かった~~~!(未知やすえ風で)


間もなく旦那が帰ってきたので、事の経緯を説明し真相を確かめたのですが・・・

 

「はあ?そんなわけないやろ?新手の詐欺ちゃうの?

っていうか、一瞬でも疑われてたのがショックやわ」

 

と、身の潔白を強く訴えられました


まあ、そうだろうね・・・いやーそうだと思ったのよ!

でもあの勢いで言われたら、一瞬じゃなくて・・・

かなり疑ってましたから!ごめんね!

なんて手の込んだ小芝居なのだ!

後から色々考えて見たのですが、もし、めんちゃるさんですか?と電話をかけて来て

本人が出た場合はどうするんだろう?やっぱり切るのかな?

 

そこで、「借入金」という言葉に一番に反応するであろう奥さんや、高齢の方(ご両親とか)が出たら、脅してカモにしてやろうというものなのでしょうね!

 

人によっては、相手の話を信じてしまい世間体を気にして、

「家の前で暴れられるくらいなら、少し払ってしまおう」

と思ってしまうのかも知れませんね

 

推測ですけど、うちの近所の個人情報リストなるものを持ってて順番に電話をかけてたのかなと思います

一軒でも引っかかって、数万でもゲット出来たらラッキー!みたいな

だとしたら、本当に近所にいたんでしょうね!正確な住所も言ってたし・・・

 

しかし、

「ガキの使いやあらへん」とか「風呂に沈める」とか

昔のやくざ映画の見過ぎ!ちょっと古いよな~

すごい緻密な台本を用意して、練習もしてるんでしょうね!

無駄な労力使ってますね~~~

 

今となっては笑い話ですが、その時は大声で脅迫されてさすがの私も恐怖を覚えましたよ

 

オレオレ詐欺ならぬ、「お宅のご主人の借入金」詐欺!

まさかこんな事が自分の身に起ころうとは・・・

皆さんも、お気を付け下さい

特に女性が出たら、狙われやすいので要注意~~~


読んで下さり、ありがとうございました!