家族経営の会社では、もう2度と働きたくないと思った事!

 

f:id:charumen:20170727220701j:plain

数年前の話ですが・・・

私は近所のある小さな土木関係の会社で事務のパートをしておりました

そこはいわゆる「家族経営」というもので、当然ながらある家族を中心に仕事が回っておるのです

まま、とりあえず人物紹介


会長(70代)・・・この会社を立ち上げた先代の社長 パッと見はどうみても893

会長の妹(60代)・・・以前は事務の仕事もしていたらしいが、この頃は時々フラッと現れて、とにかく女性従業員に掃除の仕方をダメだしする

 

会長の長女・・・アラフィフで独身 この会社の経理を担当

会長の長男(アラフォー独身)や、謎のパソコン入力を別部屋でしている会長の次女(30代独身)などもおりました


あかの他人組・・・雇われ社長、営業男性数人、内勤男性1人、女子従業員(私含め)3人


といった、小じんまりした会社だったのです

ゆえに、ファミリー比率が高いので・・・狭い狭い世界ですが、

誰か1人でも機嫌を損ねたら、その家族みんなに言われるだろうし敵に回す事になるかも・・・と思うと

必要以上に気を使わなくては行けない事が多すぎる!


皇室の方々とその下僕たち!



というような絵面になるわけです

夏休みになると、また別の兄弟の子供、いわゆる甥っ子や姪っ子も事務所に遊びに来て好き放題!

それをまた皇室の方々は微笑ましく見てて何も言わない


ここ、会社ですよ?保育園じゃありません!

と言いたいのですが、下僕なので言えません

静かにほほ笑みながら、仕事に集中しているフリして知らん顔がせいぜいです

 

正直この家族の全員あまり好きではなかったのですが・・・

その中でもとりわけ

会長のキャラがすごい!

体型はずんぐりと丸坊主で頭がでかくて、顔に傷があり目力が強い!そう、まるで・・・だるま!あるいは


丹下段平のようです!(え?知らない?「あしたのジョー」のおっちゃんですよ!)

f:id:charumen:20170727220652j:plain


本物はコチラ↓
段平のおっちゃん


現役を引退し、会長は特になんの仕事をするではありませんが


なぜか週に何日かは会社に必ず現れるのです


そして、男性社員を罵倒したり、女子従業員をからかったり、娘や妹と雑談したりしているのです

それだけなら、無視して私は自分の仕事をすればいいのですが、この会長


こちらの事情などお構いなしに雑用をふっかけてくるのです


会長が登場するパターンの一つに、行きつけの散髪屋から呼び出されるというものがあります

週に1回散髪屋に行く彼は、散髪が済んだ頃、会社に


迎えに来てくれや



と電話を寄こすのです

すると、なぜか電話を受けた人は

「ちゃるめんさ~~~ん、会長迎えに行って~~~」

となるのです


一番ペーペーだった私は断れるはずがありません

なにしろ、パートの採用条件に「車の免許要」と書かれてあり、それはいわゆるこの会長にまつわる雑務をこなす為だったのです

どうやら、私は会長の雑用の要員として雇われたようです・・・

(T△T)

散髪屋まで車で往復30分

もちろん、私にも抱えている急ぎの仕事があるので30分は非常に貴重ですが、会長の言う事は絶対なので行くしかありません

迎えにいくだけならまだマシで、ひどい時は送って行って散髪が済んだ頃にまた迎えに行くと言う苦行を強いられる事も・・・


その他に・・・

角のパン屋でパン買って来てくれや、あのオレンジのパン

 スーパーで、ヨーグルト買って来てくれや、LGなんとかいうやつ

 商店街で天ぷら買って来てくれや、みんなの分も

 柿むいてくれや

 蕎麦茹でてくれや

 銭湯まで送ってくれや



その他、修理した車を取りに同行したり

処方箋薬局に薬を取りに行ったり


など、御用命は多岐に渡ります


ザ・公私混同ですね!

ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ 

しかもこの人、こんなに用事を頼んでいる私の名前をなかなか覚えてくれず

とうとう辞める最後の日まで私の事を


「ねえちゃん」

と呼んでました

決して「お姉ちゃん」と呼ばれるような年齢ではとっくにないし、本来なら喜ぶべきことなのかもしれないのですが、


呼ばれる度にどうもバカにされた感があり、それも嫌な要因の一つでした

しかし、そう呼ばれて用事を言いつけられる度に、にっこり笑顔で(私以外の人間は、全員聞こえないフリをするので)

「はい、わかりました」

(*^-^)ニコ

と了承しなければいけません

今思えばそんな会社、さっさと辞めてしまえば良かったのですが、当時小さい子供2人がいる私をやっと雇ってくれた会社だったので、


・・・仕方ない・・・ほかを探すのも大変だし、私はこの雑用の為に雇われたのだから・・・


と言い聞かせながらイヤイヤやっておりました

そんなある日・・・

急ぎの仕事を頼まれていた私はパソコンで必死に入力中でした

他のみんなも忙しそう

私の向かい側の席に会長がでん、と座っております

外は大雨です

私はドキドキしながら、仕事に集中するふりをしてました

だって、だって・・・忙しいしこの雨の中お使いに出掛けるなんて絶対嫌です


ですが・・・・


ねえちゃん

ビクッΣ( ̄□ ̄!) は、はい!





バター飴買って来てくれや

 

 

・・・・は、はい・・・(゚ーÅ) ホロリ


基本散髪と銭湯は車での送迎でしたが、その他の「〇〇買って来いや」は自転車で対応していました

なので、大雨の中自転車でバター飴を買いに行くはめになったのです

f:id:charumen:20170727220644j:plain


なんだか情けないやら腹立たしいやら・・・毎回自分を納得させながらも、虚無感は拭えません

結局、諸事情によりその会社は2年で辞めましたが、もう家族経営の会社は遠慮したいです

というか、よくよく考えると・・・家族経営が嫌というよりは、


その会長の公私混同が嫌!家族だからってそれを野放しにしてる人たちも嫌!周りの社員がどう思ってるかちょっとは考えろよ!

って事ですね!

よくわからない話で申し訳ない~~~

読んで頂きありがとうございました!