衝撃!5歳男児は幼児の皮をかぶったおっさんだった!

 

f:id:charumen:20170714214200j:plain

話題になっているこちらの記事を読みました

p-dress.jpリンクさせて頂きましたm(_ _)m

男性が最も心地よいことは、プライドがマックスの5歳児のような自分でいられること、そしてそういう自分でいられる環境を整えてもらうことなのです。

(本文から引用)


相手を5歳児だと思えばイライラせずに全てを受け止められてお互いハッピーでしょ?

というお話です

結構な数のブクマやコメントが付いていて、反響の多さが伺えますし、批判的なコメントも目立ちます(むしろそっちの方が多い?)


「上から見てるだけだろ!」とか、「男女逆だったら差別って言うんじゃないの?」とか・・・

わたし的には肯定も否定もなく、こういう考えもあるんだなー程度ですけど、要所要所でそう思うことで女の人が納得出来るならアリなのかな?と


でもこれって結局諦めの境地みたいで、それで不満が解消されるのとは別問題かなと思います

感想を一言敢えて言うなら・・・



リアル5歳児は可愛いから許されることもあるけど、中身5歳児のおっさんは可愛くないぞ!


いや、この話の良い悪いを論じる気は全くなくて!

私が気になったのは


5歳男児=純真無垢な可愛い男の子


というようなイメージなので・・・


違う違う!5歳児をあなどってはいけません!

逆なんですよ、逆!


「男はみんな5歳児!」ではなくて「5歳児はすでに男!」なんですよ!


5歳男児を神聖化しちゃーいけません

 

みなさん、5歳男児は何もわからないただの幼児(やんちゃだったり乱暴だったり性格は色々ですが)だと思っていませんか?

私もそうでした!

全ての言動、ただただ幼くて可愛いなあって

でも、実はそうではないらしいですよ!


うちの弟から聞いた話なんですけどね・・・

 

昔々、私たち姉弟が子どもだったころ保育園に通っていました

保育園ではお昼ご飯の後にお昼寝タイムがあるんですね

5歳くらいになったら、眠たくない子もいるわけです

すると先生は小声で

「しーっ!早く寝なさい」

 

と声をかけつつ子供の顔のそばを移動します

なんだったら、子供たちを踏まないように跨いだりもします

弟はその時に薄眼を開けつつ思ってたそうです

 

「先生のあの足に触りたい・・・」

∑( ̄□ ̄ノ)ノ  


当時、その保育園の先生はジャージにエプロン・・・ではなくてきちんとしたスカートの制服プラス足元はストッキングでした


なので、余計に触りたい欲求が増してきます

完全にエロい目で見てますね!

┐( -"-)┌ヤレヤレ...


さらに弟はよく鼻血を出す体質だったので、そうなると先生が優しく介抱してくれます

ティッシュを鼻に詰めたり、鼻血が治まるまで膝枕をしてくれたり・・・

それが嬉しくて、鼻血がでたら「やった!」と思っていたらしいです


ですからね、幼稚園や保育園で「せんせ~い!」と言って抱きついてきたり、若いお姉ちゃんにまとわりついている5歳男児は・・・


女の人に触りたくて、純粋・無邪気でかわいいのを演出してるんですって!


弟いわく、



5歳男児は、幼児の皮をかぶったおっさん

Σ(・ω・ノ)ノ!



らしいのです!

f:id:charumen:20170714214151j:plain


だから、「クレヨンしんちゃん」もギャグではなく、ノンフィクションなんですよ!


私も初めてこれを聞いた時は衝撃を受けました!

 

見かける男の子を、なんか素直にかわいいとか思えなくなってきたりして・・・


でも今思うとね、小さいなりに異性を意識して一生懸命な感じが逆の意味でかわいいかもね

ちなみに同年代女児には、単純に可愛いなとかほのかな恋心のみだそうです

(´▽`) ホッ

母親にも「単純に甘えたい」だけ

 


やっぱり対象は「大人の女性!」なんだとか!



いや~~生意気ですね~~

一種の性への憧れでもあるんでしょうけどね


こういう私も幼児期、西城秀樹を男として意識していたり、ヤッターマンのドロンジョがポロリした時はドキドキしながら観てたりしたものです


姉弟そろって何なんだか・・・

テヘヘッ(*゚ー゚)>

ですからね、冒頭でも言いましたが・・・


「男を5歳だと思えば~~」なんて甘い!

5歳児を上から目線でナメてはいけない!

5歳児はすでに「男」をスタートさせているのです!

(本文とは論点がズレてるかもですが・・・)

 

ちなみに、弟のその後・・・

小3くらいの時に、1人で留守番中なぜか両親の部屋に飾られてたセミヌード的なカレンダーをこっそり最後12月分までめくって・・・

腰をぬかして立ち上がれなかったらしいです!


おもろくてアホなやつめ


という、今日はよくわからないお話でした!

ありがとうございました!